HOME » 部活動 » 2019年2月

部活動

部活動 : 2019年2月 アーカイブ

 2月21日、ナショナルジオグラフィックのサイトに「【動画】生命誕生 1個の細胞が孵化するまで」が公開されました。なんと、イモリ発生のタイムラプス映像です!

 「Becoming(ビカミング)」は、写真家で映像作家のヤン・ファン・エイケン氏が制作した、イモリの受精卵が孵化するまでのタイムラプス映像作品です。

 数週間かかる卵の発生を6分間に短縮した短編フィルムです。

 イモリファンのみなさん、ぜひご覧ください。

 

 そして本校自然科学部の「イモリの発生」シリーズも併せてご覧ください。

 本校の作品も負けていません! 

 本校の作品は「とやまデジタル映像ライブラリー」で公開されています。

 タイトル名をクリックすると、公開サイトにリンクしています。

 

イモリの発生」  (制作・ナレーション:金山美和子)

続・イモリの発生」(制作:自然科学部, ナレーション:金山美和子)

イモリの発生Ⅲ ~タイムラプスで追うイモリの発生~」(制作・ナレーション:自然科学部)

イモリの発生Ⅳ ~生命の神秘 発生~」(制作:自然科学部, ナレーション:放送演劇部)

 

 ちなみに、イモリの発生Ⅲは、Ⅳともに、本来はハイビジョン画質なのです。掲載されている動画のサイズが小さいことはご容赦ください。

 また、イモリの発生Ⅲには英語版もあります(未公開)。

 

NewtⅢ.jpg 

  

NewtⅢ English.jpg

 

 

NewtⅣ.jpg

 

 

 平成31年2月15~16日、福井商工会議所で行われた、第4回全商北信越地区高等学校情報処理競技大会で本校情報クリエイト部が団体で初優勝することができました。個人では、蟹谷さん(2年生)が準優勝しました。優良賞に西さん、加藤さん、若田さん(2年生)が選ばれました。

 

 情報処理競技大会は、Ⅰ部 関連用語とデータベース、Ⅱ部 表計算とアルゴリズム の問題を各40分で筆記にて回答します。北信越大会は、各県予選で入賞した高校(16校、50名)が出場し、団体では、チーム上位3名の合計点で競います。

  

s-thumbnail_IMG_4297.jpg

 本校情報クリエイト部の3年生3名(徳堂さん、三ッ塚さん、山本さん)が、日本情報処理検定協会(愛知)が主催する情報処理検定全8種目で1級以上取得し、検定協会から会長特別賞を受賞しました。

 検定協会が実施する検定は、日本語ワープロ、情報処理技能検定(表計算)、(データベース)、文書デザイン、ホームページ作成、プレゼンテーション作成、日本語スピード、英文スピードの8種目です。部員らは、1年次より部活で練習をしコンピュータスキルを検定を通して身につけてきました。

 本校では、これで特別会長賞9年連続計25名受賞しました。

 高円宮杯JFA U18サッカープレミアリーグ2018の結果をまとめました。本校男子サッカー部はEASTリーグに所属していました。

 

2018プレミアリーグ富山第一.wmv(低画質です。ご了承ください。)

 

 <第1節> 4月8日 本校 0 - 2 市立船橋高校 (千葉県)
 4月8日に東京・味の素スタジアム西競技場で開催された高円宮杯JFAU18サッカープレミアリーグ開幕戦は市立船橋高校と対戦し、0対2で敗れました。次節は4月15日11時に青森山田高校にて青森山田高校と対戦します。

 

s-7785033117148.jpg  s-7785033210568.jpg

 

s-7785033281789.jpg  s-7785033343439.jpg

   

<第2節> 4月15日 本校 0 - 5 青森山田高校 (青森県)

 4月15日に行われた第2節 青森山田高校との対戦は0-5の敗戦でした。次節は4月22日11時に富山第一高校で開催され、ホーム開幕戦となります。初勝利目指してチーム一丸となり臨みたいと思います。

 

s-300415(3).jpg  s-300415(4).jpg

 

<第3節> 4月22日 本校 1 - 1 FC東京U-18 (東京都)

  4月22日に行われました、高円宮杯JFAU18サッカープレミアリーグでFC東京U18と対戦し、一対一の引き分けでした。沢山の声援の後押しを受け、終盤に追い付き勝ち点をあげることができました。来週もホーム開催で11時から流通経済大学付属柏高校と対戦します。

 

s-7840527049680.jpg  s-7840527136209.jpg

 

<第4節> 4月29日 本校 0 - 2 流通経済大学付属柏高校 (千葉県)

 4月29日に行われました、高円宮杯JFAU18サッカープレミアリーグEAST第四節で流通して大学付属柏高校との対戦は0-2で敗戦となりました。現在順位は勝ち点1で9位となっております。次節は5月6日にレッズランド(埼玉県)にて浦和レッドダイヤモンズユースと対戦いたします。

  

s-7882962830132.jpg  s-7882962975753.jpg  s-7882963104132.jpg

 

s-7882963303815.jpg  s-7882963548096.jpg

 

<第5節> 5月6日 本校 1 - 2 浦和レッドダイヤモンズユース (埼玉県)

  5月6日に行われました高円宮杯JFAU18サッカープレミアリーグEast第六節は浦和レッドダイヤモンズユースと対戦し1-2の敗戦でした。現在10位で苦しい戦いが続いておりますが、インターハイをはさみ、6月24日から再開される試合から巻き返しをはかります。次節は日立柏総合グラウンドで柏レイソルU18と16時キックオフです。

 

s-7921239203100.jpg  s-7921239388181.jpg  s-7921239601950.jpg

 

<第6節> 6月24日 本校 1 - 1 柏レイソルU-18 (千葉県)

 

<第7節> 7月1日 本校 2 - 3 ジュビロ磐田U-18 (静岡県)

  

<第8節> 7月8日 本校 0 - 2 鹿島アントラーズユース (茨城県)

  

<第9節> 7月14日 本校 1 - 0 清水エスパルスユース (静岡県) 初勝利!

 第9節は本校のホームゲームで行われました。清水エスパルスユースとの対戦でしたが、勝つことができました!プレミアリーグでは強豪ぞろいであり、苦戦してきましたが、ようやく初白星をあげることができました!!応援ありがとうございます。残りの試合もがんばっていきます!!

 

s-8261889503052.jpg  s-8261891166560.jpg

 

<第10節>  8月26日 本校 1 - 3 市立船橋高校 (千葉県)

 

<第11節>  9月 2日 本校 0 - 4 青森山田高校 (青森県)

 

<第12節>  9月 9日 本校 0 - 3 FC東京U-18 (東京都)

 

<第13節>  9月15日 本校 0 - 1 流通経済大学付属柏高校 (千葉県)

 

<第14節>  9月23日 本校 0 - 3 浦和レッドダイヤモンズユース (埼玉県)

 

<第15節> 10月 7日 本校 3 - 3 柏レイソルU-18 (千葉県)

 

<第16節> 11月25日 本校 0 - 1 ジュビロ磐田U-18 (静岡県)

11月25日に行われた今年度ホーム最終戦、プレミアリーグ第16節はジュビロ磐田U18に0-1で敗れ、降格が決まりました。一年間応援ありがとうございました。

 

 

<第17節> 12月 2日 本校 1 - 1 鹿島アントラーズユース (茨城県)

 

<第18節> 12月 9日 本校 0 - 3 清水エスパルスユース (静岡県)

 

リーグ10位で残念ながらプリンスリーグ自動降格となりました。しかし、このステージで戦えたことは我々男子サッカー部にとって大きなプラスとなりました。再びプレミアリーグに参戦できるよう、初心にかえり頑張っていきます!

平成31年2月8日(金)~10日(日)、リージョンプラザ上越で行われた平成30年度北信越高等学校バレーボール新人大会に出場し、男女とも3位に入賞しました!

 

<男子> 3位

  2回戦 本校 2-0 金沢商業高等学校

 準々決勝 本校 2-0 上越総合技術高等学校

  準決勝 本校 0-2 岡谷工業高等学校

まだまだミスが多く出ていますが、何度も繋いで攻撃をしかける場面が増え、1点を取りに行くことができていた結果だと思います。攻撃力は不足していますが、夏に向けて強化を図っていきたいと思います。

 

<女子> 3位

  2回戦 本校 2-0 長野商業高等学校

 準々決勝 本校 2-1 仁愛女子高等学校

  準決勝 本校 0-2 都市大塩尻高等学校

会場まで足を運んでくださった方々には感謝しています。ありがとうございました。

2月9日(土)に県室内ジュニアテニス選手権大会が行われました。結果は以下の通りです。この後全国選抜まで1ヶ月あまり、それに向けて準備をしたいと思います。

優勝 上村 海翔  ベスト4 銘形 剛希

 富山第一高等学校自然科学部顧問の氷見栄成です。

 富山県内最初の2030SDGs公認ファシリテーターとして、これまでに13回のカードゲーム体験会を開催してきました。

 (「2030 SDGs」については「一般社団法人イマココラボ」のサイトをご覧ください)

  

 2030SDGs_0.jpg

 (ゲームルールの説明)

 

 2030SDGs_12.JPG

 (富山市SDGs推進フォーラムでのパネル展示のようす)

 

 

 今回は、富山第一高校自然科学部とSDGsの関わりについて、2つの活動事例をまとめました。

 イメージをお伝えするため、写真中心のページとなっています。

 

《有峰森林群落のフィールドワーク × SDGs「15 陸の豊かさも守ろう」》

 研究の目的は以下の通りです。

 有峰湖は、富山市の南東に位置するダム湖です。森林面積は4,447haで、88%は天然林からなります。ダム湖面の標高は1150mであり、暖かさの指数WIが 59.8であることからバイオームは夏緑樹林(極相樹種:ブナ)に属する場所です。有峰の森林は昭和30年代のダム建設時の伐採後に遷移が進み、現在は立地環境に応じた多様な群落が成立しています。

 森林総合研究所の報告によれば、温暖化に伴って今世紀末までに日本のブナ林の約90%が消失すると予測されます。有峰湖は富山市民の上水道水源として、農業・発電用の水源として重要です。もし有峰の森林が変わると、私たちの生活に大きな影響が生じると予想されます。森林の適切な保全のためには、まずその状況を正確に把握しなければならないと考えます。そこで私たちは、主にブナ林とミズナラ林を対象に方形区毎木調査を行い、有峰の森林の基礎データを報告することにしています。

 この調査は、直接森林の保護に結びつくものではありませんが、長期的にブナ林がどのように変化していくかを見るうえで意味のあるデータを提供できると思っています。その意味で、「15 陸の豊かさも守ろう」に紐づく活動と考えています。

 

〔2018年11月10日 富山県自然科学部研究発表会のポスター〕

 Arimine_02.JPG

 

 Arimine_01.JPG

 

 2018年の学びの森の活動中、有峰湖北西の谷筋において大規模な倒木が起こっていたことを発見しました。熱波、強風、豪雨等の異常気象が増加していることを考えると、有峰の森林が安定した状態で保たれるとは思えません。継続的な観察が必要と考え、今後も研究を継続します。

 

 

〔2018年8月24日 日本進化学会でのポスター発表(東京大学駒場キャンパス)〕

  Arimine_03.jpg

 

 

 

 

《自然科学部生徒研修会(2019.1.27)》

 2019年1月27日(日)に富山県自然科学部生徒研修会が開催され、県内の科学系部活動の生徒と教員が、カードゲーム「2030 SDGs」を体験しました。

 本校からは、1・2年生あわせて10名の生徒が研修会に参加しました。

 

 2030SDGs_1.JPG

 

 本校の自然科学部員はこれまでに数回経験していますが(多い生徒で3回も)、今回は次の2つを目的として参加しました。

 ① 他校の生徒と親睦を深める。

 ② SDGs 17のゴールの実現に向けて、実際に進行している社会プロジェクトが

   どのようなものかを学ぶ。

 

 〔活動の様子〕

  2030SDGs_2.jpg

  (個人が特定されないよう画像を加工しています)

 

 今回の参加校は、本校の他に富山国際大学付属高等学校、滑川高等学校、上市高等学校でした。 教師と生徒を合わせて33名の参加者であり、2つのカードキットを使っての2世界同時の展開(パラレルワールド)となりました。

 前半8分 ⇒ 202X年の中間発表 ⇒ 後半15分 ⇒ 2030年の最終発表 を経て、次の結果となりました。

 

 [ ワールド A ]              

 2030SDGs_4.jpg 

 

 [ ワールド B ]

 2030SDGs_5.jpg

 

 なんと、2世界とも全達成となりました。

 これは、今回で4度目のゲーム体験となる生徒が、経済の暴走を防ぐために他校の参加者に積極的に働きかけ、環境と社会が回復不可能な状態に陥るのを防いだためと考えられます。初めての参加者が多い場合は一般的に経済優先型の世界になりがちですが、そのようにならなかったことはユニークな結果と言えます。

 現実の世界にも、経済・環境・社会のバランスを意識してリーダーシップを発揮できる人が増えなければなりませんね。このゲームを経験した生徒達が、協働で社会課題を解決できる立派な大人に成長することを期待します。

 

 活動の振り返りは、未来型読書法である「アクティブ・ブック・ダイアローグ®」(ABD)による学び合いでした。今回活用した本は、『未来を変える目標 SDGs アイディアブック』(一般社団法人 Think the Earth)です。各ゴールと関連した社会行動を学び、リレープレゼンを行いました。初めての活動で戸惑う生徒もいましたが、参加者全員が頑張っていました。科学部の活動においては、ABDはプレゼンテーション力の向上に有効な手法であると再認識させられました。

 

 2030SDGs_6.jpg

 

 2030SDGs_7.jpg

 

 2030SDGs_8.jpg

 

 今回紹介するのはここまでです。

 その他にも、部活動としては「13 気候変動に具体的な対策を」に紐づく気象研究(台風に関連した研究)も行っています。

 森林・気象研究ともに進展が見られたら次の記事を掲載しますので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 2月2日(土)・3日(日)に砺波市庄川体育センターで行われた平成30年度北信越高等学校剣道新人大会(第28回庄川清流杯北信越高等学校剣道新人大会)に、男子団体が出場しました。

 

予選リーグ(3校)で1位になったチームが2日目の決勝トーナメント(8校)に上がることができます。

リーグ結果は以下の通りです。

 

 本  校 0-5 新潟商業

 本  校 0-5 佐久長聖

 新潟商業 2-1 佐久長聖

 

 リーグ3位で敗退

 

 2校とも全く歯が立たず、非常に悔しい思いをしました。新年度に向けてがんばっていきます。

 

s-310202-IMG_3222.jpg

月別アーカイブ

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。