HOME » 部活動 » 文化部:美術部・美術コース

部活動

文化部 : 美術部・美術コース

美術部・美術コース画像01

活動の様子

  • 美術部・美術コース画像01

顧問:加藤乾  梅木  温井  田島

美術の好きな人。自分の夢に向かってそのお手伝いをします。

実績

平成28年度
●全国高等学校ファッションデザイン選手権大会 全国第3位
●富山県高等学校文化祭ポスター採用
●高校生クリエイターコンテスト2016グランプリ

第27回富山一高美術展が富山県民会館にて12月23日から12月25日まで行われました。美術コースの他、書道、写真、美術の各部活動生徒120人の276作品を展示しました。

 

s-7188848596577.jpg  s-7188849441394.jpg

 

s-7188850850061.jpg  s-7188851273166.jpg

 

期間中、多くの方々に見に来ていただき、ありがとうございました。

 

また、同期間、富山県内の中学生を対象とした本校主催の第16回TOMIICHI中学生造形コンクールも行われました。絵画、デザイン、写真、書道、まんがの5部門の入賞、入選作457点を展示。
今回は50校から897点の応募があり、入選率は50.9%でした。
ご指導された先生方、ご応募くださった中学生の皆さん、たくさんの力作ありがとうございます。

10月28日(土)~30日(月)に富山県民会館で行われた、第29回富山県高文展 兼 第52回富山県高校美術展にて、以下の賞をいただくことができました。

 

平成29年度富山県高等学校文化祭 美術・工芸専門部 平面部門 奨励賞

 吉塚 真弓(2年2組)

8月20日(日)青森県弘前市で開かれた「第17回全国高校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園)」で美術コースの3年生、吉野菫(すみれ)さんと坂本星音(あまね)さんのチームがみごと優勝しました。

この大会では、高校生がデザインした衣装をチームの1人がモデルとなって披露し、アイデアや感性、できばえを競います。今回は40都道府県の126校1605チームから3000点を超えるデザイン画の応募がありました。20日は5月の1次審査で絞られた35点が弘前市民会館を会場にファッションショー形式で披露され、プロデザイナーなどによる審査が行われました。

吉野・坂本チームの作品タイトルは「溶解」。2人は「コンプレックスがあっても、それぞれが持っている内面の美しさを表現したい」とデザイン画(写真)を制作、1次審査後はそれをもとに、布を切り貼りしたり裏地に模様を描き込んだりして衣装を作り上げました。

 

s-ファッション甲子園デザイン画.jpg  s-IMG_3987.jpg

 

20日の審査当日はモデルとなった坂本さんが、2人で制作した衣装を身にまとい、およそ1000人の観客の前で堂々花道を歩きました(写真)。

 

s-AS20170822002635_comm.jpg  s-IMG_3978.jpg

 

本校美術コースの生徒は毎年ファッション甲子園に作品を応募していて、過去準優勝した実績があります。昨年は3位でした。念願の優勝に輝き、2人は「信じられない!」と手を取り合い喜んでいました。おめでとうございます。

7月7日(金)~8日(土)、美術コース全学年が一泊二日で高大連携事業の一環として、大学体験授業を受講しました。

1年生は京都府京都市にある嵯峨美術大学にて日本画顔料制作や表現技法を学びました。

2年生は滋賀県大津市にある成安造形大学にて造形実習を行いました。
初日に「イラスト・スケッチ」の実習を全員で行い、2日目は「フォトグラム」「ストップモーションアニメ」「金属加工」の班にそれぞれ分かれ実習しました。

3年生は東京都中野区にある東京工芸大学にて、「アナログ写真の技術体験」「デジカメとパソコンでできる映画製作ワークショップ」「モーションロゴ」「インタラクティブメディアでプロトタイピング制作」「なぜ?ナニ?アニメーション」といった実習を行いました。

 

(写真は2年生のものです)

s-6355383484319.jpg  s-6355392116537.jpg

学校では体験できない実習であり、非常に貴重な経験となりました。担当してくださった大学の先生方、ありがとうございました。

 今年8月20日(日)青森県弘前市で開催される第17回全国ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園2017)に本校の3年1組、吉野菫(すみれ)さんと坂本星音(あまね)さんが応募したデザイン画作品が1次審査を通過し、本大会に出場することになりました。

 衣装デザインのテーマは「溶解」。作品の制作意図について吉野さんは「どんなに自信がなくて、コンプレックスがたくさんあっても、みんな個々にそれぞれ魅力や美しさがあるということを伝えたかった」と話しています。大会本番の最終審査では吉野さんがデザインした衣装を坂本さんが実際に身につけ披露することになっています。

 1次審査には全国40の都道府県から126校3,009点の応募があり、その中で見事入選。本大会出場を決めました。吉野さんと坂本さんは応募したデザイン画に基づき、夏休みなどを利用して衣装を制作し、本大会での最終審査に備えることにしています。(写真は応募したデザイン画作品)

 

s-290613.jpg

8月21日(日)青森県弘前市 弘前市民会館にて第16回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会が行われ、本校美術部が出場しました。

 

全国141校3190点が応募され、一次審査で32校35点が選ばれました。

8月21日(日)の最終審再会で、第3位、審査員特別賞を受賞しました。

 

美術部・美術コースは絵画を描くだけでなく、いろいろなことに挑戦しています。これからも応援よろしくお願いします。

5月16日(月)平成28年度愛鳥週間に関するポスター応募作品の審査会がに行われました。

瀧田 桃子(3年生)が富山県教育委員会教育長賞を受賞しました。

 

作品は日本鳥類保護連盟主催、環境省、文部科学省及び林野庁後援の平成29年度愛鳥週間用ポスター原画募集に県代表として出品されます。

s-h28birdposter.jpg

 

その他の賞

 

とやま緑化推進機構理事長賞   1名

富山県民福祉後援理事長賞    2名

日本鳥類保護連盟富山県支部長賞 3名

日本野鳥の会富山賞       3名

富山県自然保護協会理事長賞   2名

                  計12名受賞

 美術コースの新2、3年生の女子生徒8名が、警察署の依頼を受け、紙芝居の絵を制作、6日本校を訪れた同署の署員に手渡しました。

 s-H28bijutu1 (1).jpg

s-H28bijutu1 (2).jpg s-H28bijutu1 (3).jpgs-H28bijutu1 (4).jpg

 紙芝居の制作は昨年末、富山中央警察署から「万引き防止教室で小学生に話をする際、活用したいので」と依頼を受け、美術コースの生徒たち8名(代表・瀧田桃子美術部長)が制作しました。制作には、8名が作画を分担・協力し、今年3月ほぼ1か月で仕上げました。

 制作した作品は「やっていいこと わるいこと」というタイトルで計13枚。富山中央警察署の署員2人が6日来校し、生徒から同署員に作品を手渡しました。ストーリーは、コンビニに入った少年2人がお菓子をつい万引きしてしまい、注意を受け反省するという内容です。瀧田部長は「台本に基づき、手分けし、描きました。少年の表情を描くのが難しかったです」と話していました。

 出来上がった紙芝居は今年度、富山市内の小学校18校で開かれる予定の「万引き防止教室」で小学生に披露されることになっています。

 8月23日(日)青森県弘前市民会館で行われた第15回ファッションデザイン選手権大会に本校美術部も出場しました。

 本校のデザインは最終審査会まで残りましたが、惜しくも優勝、準優勝をいただくことができませんでした。しかし、15回のうち10回以上最終審査会に出場した学校に贈られる15回記念特別賞をいただくことになりました。ありがとうございます。

 これからも出場を続け、いろいろな経験を積みたいと思います。

 平成27年度「さわやか運動」ポスターのデザイン、スローガンカードデザインの入賞者が発表されました。

  本校から美術コース3年生の作品がカードデザイン画部門で最優秀賞に選ばれ、カードデザインに採用されました。

s-さわやか運動写真.jpg

 

 その他の賞

 

 ポスターデザイン画部門

  優秀賞 美術コース3年生 1名

  努力賞 美術コース3年生 1名

 

 カードデザイン部門

  努力賞 美術コース3年生 1名

月別アーカイブ

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。