HOME » 部活動 » 文化部:美術部・美術コース » 美術コース生徒が紙芝居を制作

部活動

美術コース生徒が紙芝居を制作

美術部・美術コース 2016年04月12日

 美術コースの新2、3年生の女子生徒8名が、警察署の依頼を受け、紙芝居の絵を制作、6日本校を訪れた同署の署員に手渡しました。

 s-H28bijutu1 (1).jpg

s-H28bijutu1 (2).jpg s-H28bijutu1 (3).jpgs-H28bijutu1 (4).jpg

 紙芝居の制作は昨年末、富山中央警察署から「万引き防止教室で小学生に話をする際、活用したいので」と依頼を受け、美術コースの生徒たち8名(代表・瀧田桃子美術部長)が制作しました。制作には、8名が作画を分担・協力し、今年3月ほぼ1か月で仕上げました。

 制作した作品は「やっていいこと わるいこと」というタイトルで計13枚。富山中央警察署の署員2人が6日来校し、生徒から同署員に作品を手渡しました。ストーリーは、コンビニに入った少年2人がお菓子をつい万引きしてしまい、注意を受け反省するという内容です。瀧田部長は「台本に基づき、手分けし、描きました。少年の表情を描くのが難しかったです」と話していました。

 出来上がった紙芝居は今年度、富山市内の小学校18校で開かれる予定の「万引き防止教室」で小学生に披露されることになっています。

月別アーカイブ

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。