HOME » 学校概要 » ごあいさつ

ごあいさつ

学校長あいさつ

H26学校長顔写真③.jpg
学校長  本吉 達也

 

 本校は1959(昭和34)年に開校した男女共学の全日制普通科高等学校です。「剛健」と「練体磨心」を校訓とし、生徒たちは校訓を基にした教育方針によって日々心身を鍛え、充実した学校生活を送っています。2017(平成29)年度は490名余の新入生を迎え、36学級1,295名でスタートしました。

 

 「総合コース」「特別進学コース」「美術コース」を設けていて、生徒個々の進路の目標と希望、適性などに沿い、特色ある教育を行っています。

 

 「総合コース」は学業と部活動の両立に配慮したカリキュラムとし、2年次から文系、理系のほか、情報ビジネス系を選択できるようにしています。情報ビジネス系では情報処理や簿記に関する授業も組み込み、各種検定試験の合格も目標の1つとして指導に力を入れています。これらの授業を通じた指導は大学進学のほか一部就職を目指す生徒の進路実現に貢献しています。

 

 「特別進学コース」は国公立大学への進学に重点を置き、指導しています。そのため週のうち3日間(火・水・木)は7限まで授業を行っています。部活動も熱心に行い、日々の勉学と両立させている生徒も数多くいます。

 

 「美術コース」は2013(平成25)年度に新設しました。同コースには5教科の筆記試験を行う入学試験のほか、デッサンの実技と面接を主とした推薦選考の制度も設けています。3学年計80名余の同コース生徒に対し、美術教員4名を配置し、大学への進学も念頭に、3年間一貫してデザインや絵画、工芸などを専門的、重点的に修得できるように考慮しています。

 

  部活動には例年8割の生徒が参加していて文化部、運動部ともに活発です。全国大会で優勝したり、文部科学大臣賞などの最高賞を獲得したりしている部もあり、生徒たちの活躍は学校全体に活気と彩をもたらしています。

  

 学習指導要領の改定、国が進める教育改革に対応しつつ、個々の個性を重んじた教育方針に基づき、生徒の心身両面の健全な育成を目指してまいります。 

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。