HOME » 学校トピックス » 学校行事報告 » 入学式を行いました

学校トピックス

入学式を行いました

2017年04月10日

 4月10日(月)午後2時より講堂にて入学式を行いました。

 新入生は緊張しながらも明るい表情で入場していました。

 学校長は式辞の中で、大谷翔平選手、映画「チアダン」、相田みつをさんの詩を例に挙げ、「夢や目標は一人ひとり異なるわけですが、自分の目標達成のために行動してください。そして本校を卒業する時、苦しかったけれど自分はやった!がんばった!充実した3年間だった!とそう思える高校生活にしましょう。私たちは皆さんの成長を精いっぱい応援します。」と激励しました。

s-290410-2 (2).jpg

 また、理事長は本校の校訓『剛健』と『錬体磨心』について説明し、「本校は皆さんが望むものに対して応えることができる情熱にあふれる教師がいて、施設環境も整っています。高校時代は自分の生き方を決める大事な時期です。充実した生活を送るために一緒にがんばりましょう。また、将来を見通す力を養うと共に、勉強であれ部活動であれ、これは誰にも負けないと言えるくらい頑張ってください。そのためにも、一日も早く本校生徒としての自覚と誇りをもって高校生活をスタートさせること、皆さんの健闘と活躍を期待しています。」と告示で述べました。

s-290410-2 (3).jpg  

 新入生の代表の松井彩乃さんが「今日から私達は富山第一高等学校の生徒となります。その自覚と責任をもち、すばらしい伝統を受け継ぎ、今自分がここにいられるのは、たくさんの方々の支えがあったからこそであるという感謝の気持ちを決して忘れることなく、全力を尽くすことを誓います。」という意気込みを語り、歓迎の言葉として生徒会長の斎藤春菜さんが、本校の校訓「剛健」と昨年度の多くの部活動が全国大会に出場したことについて触れ、「本校でしか経験できない感動があります。これからつらいことや苦しいことがあると思いますが、剛健の精神で頑張ってください。皆さんの高校生活のスタートが順調なものになるように、私たち在校生は心から応援します。」と語りました。

s-290410-2 (4).jpg  s-290410-2 (5).jpg

 その後、在校生30名が本校校歌を披露しました。新入生たちは、本校の校歌を聞き入っていました。閉式の後、1学年の担任団の紹介があり、その後新入生は退場しました。

s-290410-2 (6).jpg  s-290410-2 (7).jpg

式後は教室にて担任よるあいさつ、学校生活に関する細かい説明がありました。

s-290410-2 (11).jpg  s-290410-2 (16).jpg

s-290410-2 (20).jpg  s-290410-2 (1).jpg

 新入生は12日(火)から3日間オリエンテーションを、15日(金)から授業を受けることになります。

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。