HOME » 学校トピックス » 学校行事報告 » 第57回卒業証書授与式を行いました

学校トピックス

第57回卒業証書授与式を行いました

2018年03月02日

3月2日(金)午前10時より講堂にて卒業証書授与式を行いました。

学校長より卒業生366名の総代に卒業証書が授与され、優良賞、皆勤賞、功労賞の授与が行われました。

 

s-IMG_2468.jpg

 

学校長は式辞で、祝意を述べた後、「人生100年時代の到来が予想される時代になり、社会に出てからも常に学び、挑戦し、変化に耐える能力を身につけてください。そして健康に気をつけ、前向きに生きてください。」とはなむけの言葉を贈りました。

 

s-IMG_2466.jpg

 

また理事長賞として、情報クリエイト部部長の棚木拓海君に賞状と記念品が授与されました。

棚木君は情報クリエイト部を第30回全国パソコン技能競技大会団体優勝などに導き、全国の高校生で3人しか合格者のいない経済省情報処理安全確保支援士に合格しました。

 

s-IMG_2469.jpg

 

理事長は告辞で「3年間、早朝の学習、部活動、清掃する姿など地道な努力を重ねた様子が思い浮かびます。」と述べ、「人工知能時代と言われますが、AIは心と魂は持ち合わせていません。だからこそ、皆さんには他人のためにつくし、心を高め、魂を磨く目的を持って、人生を前向きに生きて欲しいと思います。健闘を願っております。」とはなむけの言葉を贈りました。

 

在校生を代表して2年生の高見菜々さんが卒業生と過ごした時間に触れ、「先輩の姿を見て学んだことを引き継いでいきます。」と送辞を述べました。それに対し卒業生を代表して膳亀友樹君が答辞で、3年間の高校生活を振り返り「両親を始め、周囲の方がへの感謝の気持ちで今はいっぱいです。部活動では目標を立て、努力をしましたが、それは成し遂げることはできませんでした。しかし成長の大きな力となりました。お世話になった方々や本校のますますの発展をお祈りいたします。」と述べました。最後に校歌と仰げば尊しを斉唱して式は終了しました。

  

式の後、各教室で最後のホームルームが行われ、担任から一人ひとり卒業証書が手渡されました。涙する生徒もおり、3年間の高校生活への思いが伺えました。

 

s-IMG_2472.jpg  s-IMG_2474.jpg

 

s-IMG_2478.jpg  s-IMG_2493.jpg

 

ホームルームの後は、担任を先頭に正面玄関よりクラスごとに出て、先生方や多くの在校生に見送られ、3年間の高校生活を終えました。

 

s-IMG_2516.jpg  s-DSCN4385.jpg

 

卒業生のみなさん、おめでとうございます。皆さんのご多幸とご活躍を祈念いたします。

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。