HOME » 学校トピックス » 学校行事報告 » 第58回卒業証書授与式を行いました

学校トピックス

第58回卒業証書授与式を行いました

2019年03月01日

3月1日(金)午前10時より講堂にて卒業証書授与式を行いました。

学校長より卒業生423名の総代 平野 岬さんに卒業証書が授与され、続いて優良賞、皆勤賞、功労賞の授与が行われました。

 

s-310301(1).jpg

 

学校長は式辞で、祝意を述べた後、「四苦八苦」「I have a dream.」という2つの言葉をあげ、「生きる限り苦しみはなくならないが、夢をもって生きていってほしい」とはなむけの言葉を贈りました。

 

s-310301(2).jpg

 

また理事長特別賞として、陸上部の辰巳新君とスキー部の元野里音さんに賞状と記念品が授与されました。

辰巳君はインターハイ3位、国民体育大会2位、U-18男子100m優勝など、元野さんは全日本モーグル選手権8位、国民体育大会優勝などの輝かしい成績を修めました。 

 

s-310301(3).jpg  s-310301(4).jpg

 

理事長は告辞では、内閣府の世論調査で「社会貢献をしたいか」という項目が減少しているなか、本校生徒は毎朝黙々と掃除をしたり、地域貢献をしている生徒が多いことに触れ、「人間は1人では生きられない。社会に尽くすことは国に尽くすこと、国に尽くすことは世界に尽くすことである。自分を含む多くの人々に貢献してください。健闘を願っております。」とはなむけの言葉を贈りました。

 

s-310301(5).jpg

 

在校生を代表して2年生の藤永悠人君がラグビー部で3年生に励まされた経験に触れ、「先輩のあの言葉がなければ今の自分はありません。自分もそのような先輩になりたいと思います。」と送辞を述べました。それに対し卒業生を代表して今川侑美さんが答辞で、3年間の高校生活、特にチアリーディング部でのJAPAN CUP決勝を振り返り「仲間や先生、家族がいたからここまでがんばることができました。富山第一高校に通えて本当によかったです。」と涙ながらに述べました。最後に校歌と仰げば尊しを斉唱しました。歌声がよく出ており、非常に良い式となりました。その後卒業生が退場し、式は終了しました。

 

s-310301(6).jpg  s-310301(7).jpg

 

式の後、各教室で最後のホームルームが行われ、担任から一人ひとり卒業証書が手渡されました。中には涙する生徒もおり、3年間の高校生活への思いが伺えました。

 

s-310301-IMGP9869.jpg  s-310301-IMGP9883.jpg

 

s-310301-IMGP9873.jpg  s-310301-IMGP9878.jpg

 

ホームルームの後は、担任を先頭に正面玄関よりクラスごとに出て、先生方や多くの在校生に見送られ、3年間の高校生活を終えました。

 

s-310301-IMGP9893.jpg  s-310301-IMGP9891.jpg

 

s-310301-IMGP9903.jpg  s-310301-IMGP9915.jpg

 

卒業生のみなさん、おめでとうございます。皆さんのご多幸とご活躍を祈念いたします。

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。