HOME » 学校トピックス » 学校行事報告 » アメリカの大学生 ケイティさんが来校しました

学校トピックス

アメリカの大学生 ケイティさんが来校しました

2019年06月24日

 6月10日から14日まで、アメリカの大学生のケイティさんが来校し、英語の授業を利用して、アメリカの高校や大学について話をしていただきました。ケイティさんは本校と交流があるパロス・バーデス・ペニンシュラ高校(カリフォルニア州ロサンゼルス郊外)の卒業生でもあります。

 生徒たちが特に関心を寄せたのは、アメリカではホームルームがないこと、生徒たちが自分で関心のある科目を選択すること、高校で大学レベルの授業を受けることができること、未提出の課題があれば、その記録が大学に通知されることなどです。またアメリカの高校生がボランティア活動を頑張るのは、アメリカの大学は志願者の学業成績だけでなく、ボランティア活動を通じてどれだけ社会に貢献してきたかを確認するからだそうです。

 1年生の英語の授業で、Global Citizens(地球市民)について学んでいます。教科書によると、異なる文化の人と共に行動する際に必要なことはglobal awareness(グローバルな認識)で、それは自国とは異なる文化を理解して尊重することです。教科書の内容はときに理解しづらいこともありますが、ケイティさんの話を聞いて、生徒たちはglobal awarenessについて考えるきっかけになってくれたのではないかと思っています。

  

s-20190614ホームページ写真(英語科).jpg

 

 今回のような草の根レベルの国際理解の機会を、今後も大切にしていきたいと思います。

 

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。