HOME » 学校トピックス » 学校行事報告

学校トピックス

学校トピックス : 学校行事報告

 6月10日から14日まで、アメリカの大学生のケイティさんが来校し、英語の授業を利用して、アメリカの高校や大学について話をしていただきました。ケイティさんは本校と交流があるパロス・バーデス・ペニンシュラ高校(カリフォルニア州ロサンゼルス郊外)の卒業生でもあります。

 生徒たちが特に関心を寄せたのは、アメリカではホームルームがないこと、生徒たちが自分で関心のある科目を選択すること、高校で大学レベルの授業を受けることができること、未提出の課題があれば、その記録が大学に通知されることなどです。またアメリカの高校生がボランティア活動を頑張るのは、アメリカの大学は志願者の学業成績だけでなく、ボランティア活動を通じてどれだけ社会に貢献してきたかを確認するからだそうです。

 1年生の英語の授業で、Global Citizens(地球市民)について学んでいます。教科書によると、異なる文化の人と共に行動する際に必要なことはglobal awareness(グローバルな認識)で、それは自国とは異なる文化を理解して尊重することです。教科書の内容はときに理解しづらいこともありますが、ケイティさんの話を聞いて、生徒たちはglobal awarenessについて考えるきっかけになってくれたのではないかと思っています。

  

s-20190614ホームページ写真(英語科).jpg

 

 今回のような草の根レベルの国際理解の機会を、今後も大切にしていきたいと思います。

 

 6月20日(木)6時間目、講堂にて1年生を対象に種部恭子先生(女性クリニック We!TOYAMA院長)を講師に招き、総合的な学習の時間の一環として「高校生の皆さんに考えてほしいこと 性と生について」という題目で性教育講演会が行われました。

 この講演は毎年行われており、性について知る大切な機会となっております。「正しい性の知識を持っていないと望まない妊娠・性感染症・性暴力・性犯罪など、大切な人生を不幸にしてしまう」「性のことを真剣に考えてほしい」というお話をしていただきました。生徒は知らなかった知識も多く、最後まで真剣に話を聞いていました。

 

s-20190620写真1枚目.jpg s-20190620写真2枚目.jpg

 

 今回の講演会で得たものを、今後の人生の中で活かして欲しいと思います。ご多用の中、講演をしてくださった種部先生にお礼を申し上げます。

 5月24日(金)初夏のまぶしい日差しの中、第1回地域清掃活動を行いました。3年生の美化委員とボランティア委員が合同で22名、生徒会役員41名、家庭部員48名、男子バレー部6名、当日参加の一般生徒4名、教育実習生12名、教員10名、校長の合わせて143名が参加しました。蒸し暑い中での清掃作業でしたが、最後まで任務を完遂してくれた生徒の皆さん、本当にご苦労さまでした。

 今回も、green bird Toyama team の林さまからゴミ袋やトング、軍手などのご協力をいただき、本校から荏原駅までの市道のゴミ拾いと、荏原駅周辺の除草とゴミ拾い、自転車整理、41号線沿いのバス停までの歩道、待合所の清掃も行いました。

 この活動が地域美化の一助となれば幸いです。私たちが毎日利用する場所でもあるので今年度も地域清掃活動を継続していきたいと思います。

  

s-310418-DSC_2059.jpg 

5月23日(木)、13名の教育実習生が教育実習を開始しました。取得する教員免許に応じて2週間から3週間、実習を行います。職員朝礼で実習生代表があいさつし、意気込みを語りました。

 

s-20190521IMGP9996.jpg  s-20190521IMGP0003.jpg

 

今日は担当クラスで自己紹介をし、主に授業見学や教材研究を行いました。明日以降から授業を行います。短い間ですが、多くの事を吸収し将来教壇に立てるよう、がんばってください。

大学の関係で、翌週からさらに1名が教育実習を開始します。また、10月には2名が教育実習を行います。

5月21日(火)6時間目、講堂にて総合的な学習の時間の一環として、北陸大学地域連携センター長の藤岡慎二教授を講師に迎え、「やりたいこと、学びたいことを見つける」というテーマで学問カルタワークショップを行いました。

 

「学問」とは社会の課題に答える方法であり、1つの課題でもいろいろな学問からアプローチできる、いろいろな学問はつながっている、ということを学びました。

 

s-201905219908970304680.jpg  s-201905219908970238564.jpg

 

生徒たちは考えながら、楽しそうに学問カルタに取り組んでいました。自分達の進路を考えるよいきっかけとなりました。お忙しい中お越しいただいた藤岡先生には、厚く御礼を申し上げます。

令和元年5月15日(水)、北陸大学と富山第一高等学校は、高大連携協定を締結しました。

生徒対象の連携講座やキャリア講演会を通して、学習意欲や進路意識の向上を図り、主体的に進路を選択する能力・態度を育成します。

また、教員対象の研修会を通して、アクティブラーニング等の教育手法を学び、授業力向上を図ります。

 

s-20190516北陸大学.jpg

 5月14日(火)5時間目に講堂にて2学年の生徒全員を対象として薬物乱用防止教室を行いました。

 今年度は学校薬剤師の奥田武誌様をお招きし、覚せい剤、危険ドラッグなどの薬物乱用の危険性などについて、講演していただきました。

 

s-010514-IMGP9991.jpg  s-010514-IMGP9993.jpg

 

お忙しい中講演していただいた奥田様には、厚く御礼申し上げます。

本校の創校記念日である5月17日に先駆け、5月10日(金)に常願寺公園にて創校記念マラソン大会を行いました。

生徒たちは徒歩で常願寺公園まで移動し、開会式、準備体操を行いました。

そののち、男子は約4.5キロ、女子は約3キロのコースを走りました。 

閉会式では、学年別クラス対抗の優勝組に理事長杯が、個人での上位入賞者に賞状が授与されました。

 

DSC_0675.jpg  DSC_0706.jpg

 

DSC_0937.jpg  DSC_1281.jpg

第2学年は毎週火曜日の5時間目に総合的な学習の時間、6時間目にホームルームを行っています。内容によっては2時間続きで行われます。

 

ここでは、4月23日(火)の第2回活動の様子をご紹介します。

 

総合・美術コースは、「積極的に『聴く』」をテーマに、グループ学習を行いました。

 

s-310423-IMGP9948.jpg  s-310423-IMGP9959.jpg

話し手と聞き手の役になり、お互いどんな態度だと気持ちよくコミュニケーションがとれるか考えています。

 

s-310423-IMGP9963.jpg

「こんな態度で話を聞かれるといやですよね」と6組担任の金岡先生。自ら実演しています。

 

特進コースでは氷見教諭による2030SDGsを昨年の勉強合宿に引き続き行いました。生徒を大きく3グル―プに分けて3つの世界をつくり、ゲームを行いました。

 

s-310423-IMGP9974.jpg  s-310423-IMGP9977.jpg

それぞれの世界がゴールにたどりつくように生徒たちは切磋琢磨していました。

 

s-310423-IMGP9988.jpg

氷見先生による講評。このゲームの意味について話をされました。

 

総合・美術・特進ともに、「コミュニケーション」が重要な内容でありました。入試や就職試験だけでなく、今後社会に出るにあたって必要な能力をこの時間を通してつけていきます!

 4月18日(木)の5限目に、本校講堂にて1年生の総合的な探求の時間の第1回目が行われました。

 

 s-310418-IMGP9943.jpg s-310418-IMGP9945.jpg

 

 「一生ものの習慣を身につけよう」とのテーマで挨拶・時間管理・積極性について氷見教諭より話がありました。

 その後、グループに分かれコミュニケーションスキルを意識しながら各自自己紹介を行いました。

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。