HOME » 学校トピックス » 学校行事報告

学校トピックス

学校トピックス : 学校行事報告

3月25日(水)、入学準備の日が実施されました。

平日にもかかわらず、そして、新型コロナウイルス感染拡大が脅かされる中、保護者の皆様、新入学予定の皆さんのご来校に深く感謝いたします。

学校長挨拶の後、本校チアリーディング部による歓迎の気持ちを込めた演技を披露しました。

 

 s-IMGP0593.jpg 

 

s-IMGP0600.jpg s-IMGP0601.jpg

 

時間短縮の対応での入学準備の日となりましたが、分からないことがあれば遠慮なくお問い合わせください。新入学予定の皆さん、次回入学式でお会いしましょう。

修了式では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、国歌・校歌斉唱を演奏に変更するなど、簡略化される部分もありましたが、無事実施することができました。式辞では、学校長が「人間が何のために生まれてきたのか」という問いを全校生徒の皆さんに投げかける場面がありました。

大阪で小児外科を専門としている本校卒業生のドクターを紹介し、若手ドクターに指導する際「子どもが手術後思わしくない結果となってしまった場合には、まずは親の顔を見ろ」と教授するというお話をいただきました。親の泣き叫ぶ姿を見て、若いドクターたちに鼓舞し、一層の使命感をもたせ、任務を全うするよう指導する背景を例に挙げ、学校長は「(生徒の)皆さんは父、母を喜ばせるため、安心させるために生まれてきた、事故など遭わぬよう春休みをすごしてほしい」と激励のことばを送りました。

 

引き続き、退任式では代表して本井先生に挨拶をいただきました。創立20周年の年に赴任し、創立60周年の年に退任を迎え、40年間勤め上げた富山第一高等学校について思いを語っていただきました。「現在の富山第一高校の生徒のことがとても大好きです」「県外に出ると、富山第一高等学校の名前がいかに有名であるか実感するでしょう」「全国に名を馳せる富山第一高等学校で働くことができとても幸せでした」と感極まる挨拶をいただくことができました。

 

 s-16548.jpg  s-16549.jpg

 

 

波乱の時代に遭遇してしまった生徒の皆さんは、この状況に屈することなくしっかりと体調を整え、4月晴れやかな姿を見せてください。そして、万全の態勢で新入生を迎え入れましょう。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける中、略式にて無事第59回卒業証書授与式を挙行することができました。保護者の皆様、地域の皆様の多大なるご支援に深く感謝いたします。

  

式辞では、中川学校長が「保護者の方々は、生徒の皆さんに対する純粋な気持ちをもって今まで一生懸命育ててくれた」「温かみのある心を育んで欲しい」とエールを送りました。

 

 s-IMGP0569.jpg

 

告辞では、河合理事長はポールクローデット元駐日大使(大正10年~昭和2年)の『日本人は高貴で最も滅びてほしくない民族である』のことばを例に挙げ、現代日本の中にある生徒の皆さんの理想的な姿を求めるメッセージを送りました。

 

 s-IMGP0570.jpg

 

在校生代表の送辞に引き続き、卒業生代表の本郷君が3年間の思い出を語りました。悔しい思い出や保護者の皆様、周囲の皆様に対する感謝の思いを渾身の力を込めて語りました。

 

 s-IMGP0572.jpg s-IMGP0573.jpg

 

式典後は各クラスにて最後のHRを行いました。クラスごとそれぞれに最後の別れの瞬間を迎え、感極まるシーンに涙する場面もありました。

 

 

 s-IMGP0578.jpg s-IMGP0583.jpg

 

卒業生の皆さん、本当にご卒業おめでとうございます。これからの栄えある未来を期待しています。

 2月18日(火)5限、本校の新3号館3階の第1研修室で、2年生対象のキャリアガイダンスを実施しました。今回は、3月5日~9日(10日)の3日間、富山県内の企業19社に、インターンシップを受け入れてもらい、それに参加する予定の2年生52名が受講しました。

 

s-20200218第3回キャリアガイダンス.jpg

  

「インターンシップ」の目的は、高校在学中に「より社会人に近い就労経験」をすることにあります。3日間の就労体験によって、自分自身の適性を知り、企業に抱いていたイメージのギャップを埋めることができます。また、各企業の担当者の方から、具体的なコメントをいただくことで社会人としてのコミュニケーション能力を磨く場にもなります。参加者には「実習記録」を配布し、3日間の活動内容を報告してもらいます。充実した3日間になるよう頑張ってください。

 

s-20200218配布資料インターンシップ.jpg

 2月4日(火)5~6限、本校の第3選択教室で税務職員・裁判所職員の方による「公務員セミナー」が実施され、2年生の希望者が受講しました。今回、高校生対象の裁判所職員セミナーは富山県内初の開講とのことで、参加者たちは最後まで真剣に受講しました。

 

s-20200204公務員セミナー 裁判所職員について解説を聞く生徒.jpg

 

 まず、金沢国税局の総務部人事第二課 試験研修係長 山口先生と富山税務署個人課税第三部門の村田先生によるセミナー、次に富山地方裁判所高岡支部裁判所書記官の本保先生によるセミナーを受講しました。

 国家公務員である税務職員採用試験は、高卒で受験可能です。毎年6月中旬に受験申込をし、9月に受験します。一般企業(民間)の採用試験を受けられないのが難点ですが、狭き門を突破すれば、給料をもらいながら、税務大学校で専門知識を習得し、大学並みのカリキュラムで学べるそうです。その後は実務経験を3年間積んで、税理士の資格も取得可能とのことです。また、裁判所職員は学歴や採用年次にとらわれることなく、研修によってキャリアアップする制度がある点や、仕事と家庭を両立しながら働ける環境が整っている点など詳しく説明を受けました。

 高卒で受験可能な税務職員・裁判所職員の魅力は一般の公務員(行政職)より給料面で優遇され、土日完全休日、残業無し、男女を問わず育児のための制度が整っている点などです。3月22日(日)には、金沢国税局で税務職員業務説明会が開催され、詳細を聞くチャンスもあります。チラシ希望の生徒は職業指導部まで来てください。

 生徒のみなさんは、進路の選択肢の幅を広げる挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

 2月6日(木)、令和2年度入学試験が行われました。本校会場のほか、富山県内、12か所の会場に分かれ、約2,900名の受験生に臨んでいただきました。高校受験は長い人生の1シーンに過ぎませんが、受験生の皆さんにとっては大きな試練です。令和初の入学試験という記念すべき戦いを、心身の成長と夢実現のための良き機会と捉えていただき、全力で乗り切ってください。富山第一高等学校教職員は、受験生の皆さんを全身全霊で応援します。桜の息吹く4月、是非お会いしましょう。

 

s-20200206IMGP0531.jpg

 

s-20200206IMGP0533.jpg s-20200206IMGP0535.jpg

 学校長の式辞では、はじめに「新年の新しい目標ができたか、その目標に向かって頑張ること」という問いかけから始まりました。

 続いて、倶利迦羅峠にある不動寺のポスターの"私たちは誰しも少なからず悪い行いをしてしまう"ということばを挙げ、「完全な人間はいない、反省し、正しい生き方をすれば寛容な心で接してあげよう」というメッセージを全校生徒に送りました。また、野球用語の"三振"を例に挙げ、「三振でも見逃し三振をするのではなく、空振り三振、すなわち、何かに挑戦し、うまくいかなければまた次がある」と挑戦の思いが詰まった激励を述べました。

  

s-20200108IMGP0516.jpg

 

 生徒の皆さん、令和2年が大きな飛躍の年となることを祈念しております。

 

<1学年>

12月24日(火)~26日(木)「黒部市ふれあい交流館あこや~の」において、S特別進学コース、特別進学コース、および総合コース(希望者)で2泊3日の勉強合宿を行いました。

コースごとに古典や数学の授業を集中的に受講するだけではなく、コースを問わず全員が同じ小テストや合宿専用課題に取り組んで基本が定着しているか確認しながら復習するなど、メリハリをつけて学習に励みました。

 

 s-写真①.jpg s-写真②.jpg

 

s-写真③.jpg

 

       s-写真④.jpg s-写真⑤.jpg

 

3コース合同の合宿は初めてでしたが、休憩中はコースの枠を越えて談笑するなど親睦を深めました。

さらに小テストに向けてお互いに問題を出し合う・教え合うなど複数人で一緒に学習する姿も見られ、全員一丸となって取り組むことができました。

 

 s-写真⑥.jpg s-写真⑦.jpg

 

        s-写真⑧.jpg s-写真⑨.jpg

 

また、勉強合宿は夏に続いて2回目(S特進は3回目)ということもあってか、1回目の合宿以上に施設の利用マナーを守り、円滑な準備・後片付け等を行うことができており、学力だけではない大切な力も身についたように思います。

 

今回の合宿では寺田様をはじめ「あこや~の」のスタッフの方々には大変お世話になりました。この場をお借りしまして感謝と御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

<2学年>

12月24日(火)~26日(木)「砺波青少年自然の家」において、特別進学コース、総合コース(希望者)で2泊3日の勉強合宿を行いました。今回が4回目の合宿となります。

 

初日は桜井・渡部教諭による古典の入試問題解説や真貝教諭による英語の新入試のプレテスト解説を行いました。

2日目、文系は河合教諭による生物野外実習および松岡教諭による政治経済問題演習を、理系は伊東・鈴木教諭による物理または氷見教諭による生物の授業および松岡教諭による地理問題演習を行いました。

また、3日間を通して中林・元起・浜出教諭および竹内学年主任による数学の課題学習を行いました。総合コースには國友教諭による英語の強化補習も実施されました。また、神戸大学以上の難関大志望者には猪原教諭による上級英語補習も実施されました。生徒の健康管理のため保健体育の三辺教諭や中村養護教諭も参加しました。

 

s-20191226-11236651117824.jpg  s-20191226-11236651272494.jpg

 

s-20191226-11236651380293.jpg  s-20191226-IMG_4139.jpg

  

今回の合宿で砺波青少年自然の家のスタッフの方々には大変お世話になりました。この場をお借りしまして感謝と御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

12月24日(火)、男子サッカー部、ラグビー部、女子バレーボール部がそれぞれ全国の舞台で躍動することを期待し、全国大会壮行会が行われました。吹奏楽部の演奏と盛大な拍手の中、各部が会場へ入場し、キャプテンによる自信に満ちた抱負が述べられました。また、在校生を代表して、生徒会長より挨拶が述べられ、その後、学校長より「友人の頑張ってほしいという気持ちを誇りとしてほしい。明治大学の偉大な元ラグビー部監督北島忠治氏の"前へ"の精神を胸に活躍を期待しています。」と激励されました。

 s-IMGP0506.jpg

 

引き続き、2学期終業式が行われ、学校長より式辞が述べられました。芥川龍之介の「人間には2つの矛盾した心があり、美しい心から一転して正反対になることがある。」の話と併せ、親鸞の『善人なおもって往生を遂ぐ いわんや悪人をや』の意味を説明し、「新しい年を正しい人間となるよう祈願してほしい。」と全校生徒へことばを送りました。

s-IMGP0512.jpg

12月11日(水)~13日(金)の2泊3日で、第2学年全員を対象に毎年恒例の東京方面への研修旅行を実施しました。

 

旅行前日の12月10日(火)には朝7:30より大きい荷物の事前配送を行いました。5時間目には結団式を行い、団長の川上教頭、竹内学年主任より話があり、JTBの添乗員紹介および代表の奥野様よりあいさつが、最後に11組担任の松岡教諭より諸注意がありました。

 

s-20191213-DSC_0402(2).jpg

  

【1日目】12月11日(水)、2隊に分かれて富山駅を出発しました。

 

s-20191213-DSC_0407.jpg  s-20191213-DSC_0409.jpg

 

s-20191213-DSC_0418(2).jpg  s-20191213-DSC_0426.jpg

 

北陸新幹線で上野駅に到着後、ディズニーランドとディズニーシーに分かれて楽しみました!

 

s-20191213-1576231022326.jpg  s-20191213-1576231115683.jpg

 

s-20191213-1576231248043.jpg  s-20191213-DSC_0427.jpg

 

多くの生徒はパレードまで楽しんでいたようです。

 

【2日目】12月12日(木)は班別学習を行いました。クラス内で班をつくり自分たちで計画を練り、電車等で移動しながら施設をまわりました。

 

s-20191213-DSC_04412.jpg  s-20191213-15762311958072.jpg

 

s-20191213-15761249371252.jpg  s-20191213-15762312700422.jpg

 

夕方からはシンフォニーのサンセットクルーズでした。大型客船に乗り、東京湾の夜景をみながら夕食を楽しみました。クラスによっては一発芸大会が行われるなど、盛り上がっていました。

 

s-20191213-DSC_0466.jpg  s-20191213-DSC_0469.jpg

 

【3日目】12月13日(金)、最終日となりました。ホテルでは最後の朝食をとりました。

 

s-20191213-DSC_0439.jpg  s-20191213-DSC_0476.jpg

 

この日はクラス別研修となり、午前と午後に大学探訪をはじめ、チームラボ、航空機体工場、水族館、ルミネ・ザ・よしもと、劇団四季などに行きました。

 

s-20191213-1576227244758.jpg  s-20191213-1576230898266.jpg

 

s-20191213-1576230937228.jpg  s-20191213-1576230954494.jpg

 

s-20191213-1576230876868.jpg  s-20191213-1576231079348.jpg

 

その後東京駅で新幹線に乗り、帰路につきました。生徒たちは疲れ知らずで車内でも楽しく談笑していました。

 

楽しかった研修旅行も無事終了。参加生徒それぞれ感じたものは違ったかもしれませんが、これからの学校生活や社会につなげていってもらいたいです。

 

ご協力いただいたJTBのスタッフの方々および各施設の関係各位、そして保護者の方々には厚く御礼を申し上げます。

 

 

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。