HOME » 学校トピックス » 学校行事報告

学校トピックス

学校トピックス : 学校行事報告

9月8日(木)9日(金)2年特進コース「家庭基礎」において、SDGs金融経済教育ほくぎん出前授業を行いました。

 

今回は、北陸銀行新庄支支店長 吉田勝則様を講師にお招きし、「ライフプラン」と「資産形成」について学習しました。まず、人生の三大費用や家計、貯蓄について考えました。また、株式、債券、投資信託など金融商品の説明を聞き、将来の資産形成について興味を深めることができました。

 

s-ほくぎん出前授業.jpg

 

生徒の感想

・株など投資についてもっと深く学びたくなった。

・銀行に興味がわいた。

・投資の始め方を知りたい。

 

北陸銀行新庄支店の皆様、お忙しい中、ありがとうございました。

9月5日(月)より教育実習が行われています。

教育実習は本来5月実施ですが、大学の事情等で今年度は4名の教育実習生(数学1名、理科1名、保健体育2名)が9月に2週間または3週間の実習を行います。

 

s-DSC_0473.jpg s-IMG_0012.jpg

s-DSC_0475.jpg s-DSC_0476.jpg

 

充実した実習期間となり、将来教壇に立ったときに活かされるようがんばってほしいものです。

 

s-DSC_0467.jpg

 

8月10日(水)午後、2年特別進学コース・S特別進学コースの理系生徒40名が、大学の学問・研究に触れることで進路選択を明確にすることを目的として、富山県立大学「高校生向け科学技術体験講座」を受講しました。

生徒は事前にアンケートを行い、①機械システム工学科(畠山友行先生)、②電気電子工学科(石坂圭吾先生)、③生物工学科(戸田弘先生)の3つの講座に分かれ、それぞれ受講しました。大学の研究を実際に行い、参加生徒たちは大学の雰囲気を味わい、理系の学問について考えることができました。

  

220810 (1).jpg 220810 (2).jpg

220810 (3).jpg 220810 (4).jpg

<生徒の感想>

①    機械システム工学科

講師の先生の話を聞く前と後でイメージがガラッと変わったので、大学選びも隅々まで調べて、時間をかけて、本当に自分が行きたい学部に行きたいです。  熱の実験では慣れない作業が多く苦戦しましたし、先生が「感電する」と言った瞬間、一気に緊張感が高まりました。ですが、やり終えた時の達成感があり、とても嬉しかったです。

② 電気電子工学科

プログラミングで指示を出しWiFiでドローンを飛ばす操作をした。初めてプログラミングを体験して、英語で色々書かれていて難しそうと感じたが、学生スタッフの方が丁寧に教えてくださったので簡単にプログラミングできた。簡単な操作から、難しい操作までプログラミングは幅が広いなと思った。

③     生物工学科

自分のDNAを抽出するのにいくつもの工程があり思っていたより大変でびっくりしました。しかし今は専門知識がない人でも簡単にキットがあればPCR検査などできることを知り驚きました。生物工学は日々発展し身近な物になったり、医療で活躍したりと意外と自分の身の回りにあるんだなあと感じました。自分のDNAを見る機会は全くなかったのですごく貴重な経験になりました。

 

この経験を大学の学部学科選びに生かしてきます。

8月4日(木)・5日(金)の2日間、スタディキャンプ(勉強合宿)の代替学習会を行いました。対象は、S特別進学コース全員と特別進学コース希望者です。

当初は8月3日(水)~5日(金)の2泊3日で外部の施設をお借りしてスタディキャンプを行う予定でしたが、県内の新型コロナウィルスの感染状況を考慮して、宿泊を伴わない学習会に代替えすることといたしました。

内容は英語・国語(漢文)・理科の演習授業および数学の添削指導でした。また、初日には本校教員による合格体験記および受験の心得の時間を設けました。宿泊こそできませんでしたが、生徒たちはそれぞれ得るものがあったらしく、充実した表情で2日間を過ごしました。残りの夏休みの学習の一助となったことと思います。来年度こそは宿泊を伴う学習会をしたいと考えています。

 

s-20220804 (1).jpg s-20220804 (2).jpg

s-20220804 (3).jpg s-20220804 (4).jpg

s-20220804 (5).jpg s-20220804 (6).jpg

令和4年7月20日(水)の午前中を使い、総合学習の一環として2学年フィールドワークを行いました。事前にグループ単位で決めた富山市内の施設・地域(科学博物館,ガラス美術館,環水公園,岩瀬浜,富山城など)を実際に訪れ、「自分の目で見た富山の課題と魅力」をまとめました。

s-科学博物館.jpg

s-反魂丹.jpg

s-科学博物館集合.jpg

生徒は改めて富山の魅力を自分自身の目で確認することができ、どの目も輝いているように見えました。これを機に更なる探究活動への自主的な取組みを期待します。

令和4年7月14日(木)の5・6限に1・2年生を対象に性教育講演会を開催しました。「女性クリニックWe富山」から種部恭子先生と鮫島梓先生を招き、オンラインで視聴しました。

種部先生からは、「幸せになるために、良くないことは避けなければならない。しかし望まない妊娠や性感染症にかかったときは、一人で悩まずクリニックの方へ電話でもLINEでもよいので必ず相談してほしい」と話されました。また、避妊具の効果的な使用方法を紹介していただきました。

 

s-IMGP1652.jpg

 

鮫島先生からは、最近流行している子宮頸がんについて説明をいただきました。「ワクチンを打つことによって、がんになる確率が劇的に減り、また副作用もない。今は接種が無料なので、是非打ってほしい」と話されました。またLGBTsについても細かく説明いただき、種部先生同様悩みがあれば遠慮なくクリニックに相談してほしいと話されました。

s-IMGP1658.jpg

 

※今年の4月から1か月に1回、富山駅で「駅ナカ保健室」開催されているそうです。

 悩みのある生徒は一度門をたたいてみてはいかがでしょうか。

9月に行う予定の体育大会ですが,そのための準備として,団活動をはじめました。

1年生は7月12日(火)2年生は13日(水)3年生は14日(木)に団員の初めての顔合わせを行い,団長,応援リーダーなどの役割を決めました。

 

s-20220713 (1).jpg s-20220713 (2).jpg

 

始めは先生から今日行うことの説明があり,団長が決まり始めると生徒だけで仕切りはじめ,いろいろな係が続々と決まっていきました。

 

s-20220713 (3).jpg s-20220713 (4).jpg

 

いい体育大会になるとよいですね。

 7月12日(火)5・6限に,富山県議会議員17名にご来校いただき,富山県議会議員による出前授業を行いました。

 授業は各クラスで行ったのですが,最初に挨拶として,各クラスをZoomでつなぎ,議員の山本徹さんより挨拶していただきました。

 

s-20220712 (1).jpg

 

 挨拶の後,議員の方々がそれぞれ自己紹介をし,授業が始まりました。

 役所のする仕事,税金の種類などが生徒より挙げられ,それぞれに対する詳しい内容を議員の先生より話していただきました。

また,富山県約102万人から1000円集めたとして,10億円あったらどういうことに使うかということを生徒に考えて発表してもらいました。想像に難しい金額でしたが,生徒たちは活発に意見を出していました。

s-20220712 (2).jpg 

s-20220712 (3).jpg s-20220712 (4).jpg

 

 最後に先生から,実際に議会で発表した内容や議会の役割,投票することの意義などを話していただきました。

 普段は気にすることもない議会の話でしたが,少しでも興味を持っていただけると幸いです。

 17名の議員のみなさん,ご来校いただきありがとうございました。

7月6日(水)期末試験後,図書委員17名が,図書委員の校外研修として,高志の国文学館へ行ってきました。

  常設展と常設展を学芸員さんの解説を聞きながら見学しました。令和制定にまつわる万葉集の話や富山県ゆかりの文学作家,漫画家などの作品にふれ,参加した生徒たちは興味深そうに見学していました。

 

s-202207062 (1).jpg s-202207062 (2).jpg

s-202207062 (3).jpg

 

また,高志の国文学館は,2012年7月6日に開館したということで,10周年目最初の団体見学となりました。

5月23日(月)より7名の卒業生が教育実習生として本校で実習を行っております。

 

s-20220531 (1).jpg s-20220531 (5).jpg s-20220531 (7).jpg s-20220531 (2).jpg

s-20220531 (3).jpg

 

教員を目標にして大学生活を過ごし,本校に戻ってきてくれました。

現在4年生だそうです。この実習で生徒とふれあい,何かを得ていただきたいですね。

 

s-20220531 (4).jpg

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。