HOME » 部活動 » 2019年7月

部活動

部活動 : 2019年7月 アーカイブ

7月27日(土)~28日(日)の日程でインターハイ強化練習を実施しました。本校OB森口新吾氏のセッティングにより井藤祐一プロを招聘して熱のこもったレッスンが行われました。この経験を生かしてインターハイでは良いプレーができるのではないかと思われました。井藤プロ2日間ありがとうございました。

  

強化練習2.jpg

 

強化練習3.jpg 強化練習1.jpg

7月19日(金)~22日(月)に開催された

アシックスカップ2019全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会に初出場しました。

 

 【予選リーグ】

   7月20日(土)

     富山第一  5-22 大分東明(大分)

     富山第一 14-33 流経大柏(千葉)

   リーグ3位となり、ボウルトーナメント進出となりました。

 

 【ボウルトーナメント】

   7月21日(日)

     富山第一 26ー19 玉島(岡山)

     富山第一  0-51 光泉(滋賀)

   7月22日(月)

     富山第一 29-14 日川(山梨)

     富山第一 28-24 熊本工業(熊本)

 

   6戦3勝、ボウルトーナメント5位という結果となりました。

   初出場ながら、生徒は他県の強豪校に対して果敢に挑戦していました。

   この経験を15人制にも生かしたいと思います。

 

応援してくださった皆様、対戦校の皆様、関係者への皆様への感謝を忘れず今後も活動します!

 

20190720予選リーグvs大分東明(1).jpg 20190720予選リーグvs流経大柏(1).jpg

 

20190721ボウルTvs玉島(1).jpg 20190721ボウルTvs光泉(1).jpg

 

20190722ボウルTvs熊本工(1).jpg 20190722ボウルTvs日川(1).jpg

6月15日(土)、16日(日)に行われた北信越大会に出場しました。

 

 【6月15日(土)Aブロック1回戦】

    富山第一  7ー47 飯田(前半0-28、後半7-19)

 【6月16日(日)Aブロック3位決定戦】

    富山第一 12-15 若狭東(前半5-3、後半7-12) 

 

県外のチームに力負けし、思うような試合を展開することが出来ませんでした。

悔しい結果となりましたが、お陰様で夏に向けた課題を認識することが出来ました。

夏合宿に向け、謙虚な姿勢で更に強化をしてまいります。

現地で応援してくださった皆様、対戦校、関係者の皆様ありがとうございました!

  

20190615Aブロックvs飯田(1).jpg 20190615Aブロックvs飯田(2).jpg

 

20190616三位決定戦vs若狭東(2).jpg 20190616三位決定戦vs若狭東(3).jpg

7月6日(土)、7日(日)に行われた中牟田杯全国選抜Jrテニス選手権大会富山県予選が行われました。主な結果は以下の通りです。

 

   男子ダブルス優勝  宮崎 凰雅(センティア)・金谷 龍世(富山第一)

 

今年度入学した1年生が初タイトルを勝ち取りました。

第53回県高校新聞編集研修会が令和元年7月20日(土)、21日(日)に高岡第一高校で行われ、県内12校、99名参加の中、本校新聞部部員の岩井優祥くん(2-10)、能登悠生くん(2-10)、梨木風吾くん(2-14)の3名が、新聞作成について深く学んだ。全体研修の後、インタビュー実習や班別の速報作成などを行った。富山第一高等学校新聞部は小矢部園芸高等学校と合同で「小矢一新聞」を作成した。2日間を通して意義ある研修となった。

s-20190722新聞部研修会1.jpg   s-20190722新聞部研修会2.jpg

7月14日(日)に福井県営体育館で行われた中部日本総合男女バレーボール選手権大会の結果です。

 

  2回戦  対 福井工業大学附属福井高等学校 (0-2)

 

 北信越大会の準決勝で敗北した福井高校との試合でした。相手のサーブにレシーブが乱され、苦し紛れの攻撃がミスになるというパターンが多く、セットカウント0-2で敗北しました。要所でいいプレーもあり、2セット目はジュースに持ち込むことができました。この後も大会は続くので、一つ一つの大会を中身のあるものにしていきたいと思います。

 会場まで足を運んで応援して下さった方々には感謝しています。ありがとうございました。

 令和元年7月13日(土)、福井市地域交流プラザで行われた第25回北信越地区高校ワープロ競技大会で団体の部で優勝(4年ぶり2度目)することができました。

 個人の部では、第2位①、第2位③、第3位①に入賞しました。また、8月に行われる全国大会にも出場します。

 ワープロ競技は、与えられた課題文を入力速度と正確性で競います。単なる文字入力だけでなく、経済や社会問題など広範囲にわたる内容が出題され、文章読解力も必要とされます。

7月13日(土)~15日(月)に福井県営体育館で行われた第69回中部日本6人制バレーボール総合男女選手権大会で平成19年以来、2度目の優勝をすることができました。この大会は北信越・東海9県の春季大会優勝校など12チームが出場できるものです。スコアは次の通りです。 

 

  準決勝 富山第一 2-1 金沢商業(石川) 

  決 勝 富山第一 2-0 都市大塩尻(長野) 

 

決勝戦では6月に行われた北信越大会で敗れた都市大塩尻高等校学校と対戦し、セットカウント2-0で勝つことができました。7月下旬に行われるインターハイに向けてますます頑張っていきたいと思います。

 平成31年4月21日(日)に行われた経済産業省「情報処理安全確保支援士」試験に富山第一高等学校 情報クリエイト部に所属する3年生の2人が合格しました。全国の高校生は7人合格し、県内の高校生では、2人です。また、応用情報技術者試験では3年生1人が合格しました。

 

 支援士:全国合格率18.9%  応用情報:全国合格率21.5%(IPA資料より)となっています。

 

  7月11日の北日本新聞朝刊に掲載されました。

 

 情報処理安全確保支援士試験(旧 情報セキュリティスペシャリスト)は、経済産業省が所管、独立行政法人情報処理推進機構が実施する国家試験でレベル4の最難関試験の一つとされています。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、情報処理安全確保支援士を「サイバーセキュリティの専門家として、セキュアな情報システムを企画・開発・運用・保守を支援し、さらに、サイバーセキュリティの対策の調査・分析・評価を行い、必要な指導・助言を行う。」としています。合格者は、情報処理安全支援士登録簿に登録することにより、情報処理安全確保支援士の名称を独占的に使用することができるとしています。

 令和元年7月7日(日)に令和元年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール男女選手権大会が氷見市ふれあいスポーツセンターにて行われ、2度目の優勝をすることができました。

 

  1回戦  対 YKK(2-0)

  準決勝  対 南砺福野高等学校(2-0)

  決 勝  対 北電クラブ(2-1) 優勝

 

ミスは多く出ていたのですが、攻めるバレーボールを展開できていたように思います。サーブとブロックを強化し、北信越ラウンドでも良い結果を残せるように頑張っていきたいと思います。

会場まで足を運んで応援して下さった方々にはとても感謝しています。ありがとうございました。

北信越ラウンドは、9月7日(土)より富山県朝日町で開催されます。

月別アーカイブ

▲Page先頭へ

Copyright © 2004 Toyama Daiichi High School. All Rights Reserved.
本校サイト内容の引用および転載を禁止します。